ふだん使いのうつわを作りつづける備前焼・鳴瀧窯narutakiのONLINESHOPです


備前焼のつかいかた


日常使いの備前焼

鳴瀧窯は、工芸のイメージが根強く残る備前焼を、普段の暮しの中で日常に使ってもらいたいと願っています。備前焼ってどう使えばよいの?洗い方や使う前の心がけは?鳴瀧窯の思う備前焼との付き合い方を紹介します。
 

備前焼をつかう前に

鳴瀧窯では、使用前にお米のとぎ汁で煮るなどの作業は、備前焼には必要無いと考えています。
通常の食器用洗剤で水洗いして頂きお使い下さいませ。
多孔質である土鍋や、貫入の入った食器には「目止め」というとぎ汁で煮る作業は必要かと思われますが、備前焼に関しては目止めの必要はないと考えています。
又、備前焼は急激な温度差に弱いやきものでもある為熱湯で煮る事は、避けて頂いた方が良いかと思います。
使用前に軽くくぐらせたりをして頂ければ色素沈着もある程度防止が可能です。

食器洗い

通常の食器同様の中性洗剤で洗ってからご使用ください。※匂いの強い洗剤は匂い残りがあるので使用をおすすめしません。

コーヒーカップ

土そのものである為表面に細かな凹凸があり、そこに油分や水分が入り込みやすくなります。
これを極力予防するために可能であればご使用前に30分ほど水につけておく事をおすすめします。(さっと水洗いするだけでも可)特に揚げ物・魚等はにおい残り等の防止にもつながります。又、カップ類などはコーヒー等で色素沈着がどうしても発生します。
 

備前焼を使った後は


洗った後

食器用洗剤をお使い頂けますが、なるべく早めに洗って下さい。釉薬をかけていない備前焼は、ふきん等で拭いても完全に水分が蒸発しない為、洗った後は自然乾燥させてからしまう事をおすすめします。お使いになるうちに器の色が変化する事があります。備前焼独特の味わいとしてご理解下さい。※匂いの強い洗剤や、漂白剤の使用はご遠慮ください。


色素沈着について

コーヒーやお茶など、色素の強いものは次第にうつわに沈着汚れが見られます。
写真はお茶による色素沈着の例です。
左)茶渋が沈着したカップ 右)市販のメラミンスポンジでこするとある程度は落とす事が出来ます


沈着汚れ前後

カップ類などはコーヒーや茶渋が沈着しやすい為
「コーヒー専用」など専用の器にしてしまうのもひとつの方法です。
 

電子レンジ・食洗機について


電子レンジ

食洗機は、割れや欠けのリスクがありますのでご使用をお控え下さい。
電子レンジは軽くあたためる程度でしたらお使い頂けますが、備前焼は急激な温度差に弱いやきものです。手で持つ事が出来ない程熱くなるまであたためる事はお控え下さい。

24cmディナープレート

備前焼は一見すると地味なイメージも持たれがちですが、その焼け色や景色は多岐に及び、作家独自の土の風合いや焼き方によって様々な表情が生まれます。また、使って行くにしたがって艶が出たりカドがとれて手触りがなめらかになります。日々の食卓で、料理を彩るうつわとしてお楽しみ下さい。
備前焼の焼けの種類はこちらのページで紹介しています。