ふだん使いのうつわを作りつづける備前焼・鳴瀧窯narutakiのONLINESHOPです

【窯出し】コーヒーカップ(ノボリ)
n002

3,080円(税280円)

購入数

ラッピングご希望の方は
-------------------------------------------------------

【Web窯出しにつきまして】詳細はこちらをご覧ください

・窯出し期間中(10/24〜11/8)は税込5,000円以上ご購入で送料無料とさせて頂きます。
・ご注文後すぐに自動返信メールが送信されます。この時点では注文は確定ではありません、必ず後ほどお送りする受注確定メールをご確認ください。
・うつわによっては早々に売り切れとなる場合がございます。その際は次回の窯焼成分(6月)をご予約頂く事も可能ですので、必ず「受注確定メール」にてご確認をお願い致します。
・備前焼は1点1点焼け色が違います。写真はあくまでも一例となりますのでご承知おきください。ご希望の焼け色がございましたら備考欄に「うつわ確認希望」とお書き添え下さい。なるべく意向に沿うものをお探し致します。
・梱包/発送作業を全て1人で行っておりますので、ご注文が集中しますとお届けまで少しお待ち頂く場合がございます。何卒ご了承ください。
Web窯出しのご案内はがきをお送りしている方は、その旨を備考欄にお書き添え頂けますと幸いです。

-------------------------------------------------------

気軽に毎日使える、シンプルなカップ

コーヒーカップ【単品】を持っているイメージ

管理人も毎日これでコーヒーを飲んでいる、個人的に大好きなカップです。コーヒーを毎日淹れているため、良い感じの味が出てきました。シンプルでもちやすく、持った感じの軽さにもこだわって作っています。鳴瀧窯でも定番の人気があるコーヒーカップです。

ひとつひとつ。焼け色が異なります。

焼け色が異なる様子

薪窯で1週間続けて焼き締める、登り窯で焼成しています。窯内の置く場所や火の当たり具合によって焼け色が異なります。ひとつとして、全く同じ焼け色が無い事が備前焼の大きな魅力のひとつとなります。


コーヒー・紅茶などをいれる際のひと作業

沈着したコーヒーの汚れ

釉薬を使用していない備前焼、長年使用していくとこの様に器肌にコーヒー・紅茶が付着してまいります。そしてこれは幾ら洗ってもとれません、「味」という事でお好きな方もおられますが長くきれいな状態でお使い頂くためには
〇使用前に数分間でも水またはお湯をいれておく
〇時間が無い時はさっと水にくぐらせるだけでも

こうした作業をする事で、汚れがつくのをある程度防ぐことが出来ます。これは油分の多いものをいれたりする際にも同様です。


こちらは【カップのみ】の販売です

ソーサーとのセット写真

こちらは【カップのみ】の販売です。小皿としてもお使い頂けるソーサーは別に販売しておりますのでセットでお求めの方は別売りの小皿(ソーサー兼)をご覧ください。別々にお買い求め頂けるため、カップとソーサーで違う焼けをお選びいただき組み合わせる事も可能です
小皿(ソーサー兼)はこちらから


こちらは2種類の焼けがございます

ノボリとヒダスキの一例
焼けの1例:左・・ノボリ 右・・ヒダスキ

「ノボリ」「ヒダスキ」の2種類の焼けがございます。こちらは、左の「ノボリ」となります。「ヒダスキ」商品ページはこちらからどうぞ。


・ブランド / narutaki
・製造元 / 備前焼 鳴瀧窯(0869-67-3328)
・焼け / ノボリ
・サイズ(mm) / 直径90×取っ手含110×高さ85(容量)約200mL
・電子機器 / 食洗機・電子レンジ使用不可
・生産国 / 日本

【注意事項】※重要※

● 備前焼はその焼成方法より、多くの焼けの種類がございますが、narutakiのうつわは「ノボリ」「ヒダスキ」の2種類の焼けで展開しております。詳しくはこちらで説明しております。(商品によっては1種類のみの場合もございます)2種類あるものは、いずれかをお選びください。

● 備前焼は、登り窯で薪を使って焼成する伝統的な焼成方法を用います。よってその性質上、全て焼き上がりが違う為、色味が同じものはございません。商品写真はあくまでも1例とお考えいただきたいと思います。ご購入前の色味等の不安や、小さな疑問でもどうぞお気軽にご相談下さい。 (電話:0869-67-3328 又はこちらからメールでお問い合わせ下さい)

● 以上の点をご了承頂いたうえでの購入をお願い致します。こちらで焼けの違いについて説明しておりますので必ずご覧ください。※これらをお読み頂いたうえでの商品不良以外での返品・交換はお受けすることができかねますこと、ご理解いただけますようお願いいたします。