ふだん使いのうつわを作りつづける備前焼・鳴瀧窯narutakiのONLINESHOPです

【窯出し】まる湯呑(ノボリ)
n012

2,200円(税200円)

購入数

ラッピングご希望の方は
ノボリアイコン丸 ヒダスキアイコン丸

-------------------------------------------------------

【Web窯出しにつきまして】詳細はこちらをご覧ください

・窯出し期間中(10/24〜11/8)は税込5,000円以上ご購入で送料無料とさせて頂きます。
・ご注文後すぐに自動返信メールが送信されます。この時点では注文は確定ではありません、必ず後ほどお送りする受注確定メールをご確認ください。
・うつわによっては早々に売り切れとなる場合がございます。その際は次回の窯焼成分(6月)をご予約頂く事も可能ですので、必ず「受注確定メール」にてご確認をお願い致します。
・備前焼は1点1点焼け色が違います。写真はあくまでも一例となりますのでご承知おきください。ご希望の焼け色がございましたら備考欄に「うつわ確認希望」とお書き添え下さい。なるべく意向に沿うものをお探し致します。
・梱包/発送作業を全て1人で行っておりますので、ご注文が集中しますとお届けまで少しお待ち頂く場合がございます。何卒ご了承ください。
Web窯出しのご案内はがきをお送りしている方は、その旨を備考欄にお書き添え頂けますと幸いです。

-------------------------------------------------------

narutakiの定番、まる湯呑です

まる湯呑ノボリの写真

ころんとしたまるい湯呑は、特に女性の方に人気。手なじみがよく軽いので、毎日のお茶の時間にぜひおすすめです。また、おひたしや和え物をいれて小鉢としてもお使い頂けます。


我が家ではこんな使い方

まる湯呑でプリン
※こちらは、まる湯呑(ヒダスキ)を使用しています

お菓子を手作りする事が多い我が家では、この湯呑を使ってプリンを作ります。このままお客様に出すとそのままおもてなしのお菓子にもなります。もしかしたら、湯呑として使っている回数の方が少ないかも。
※備前焼はオーブン・直火使用できません。プリンを作る際は必ず「冷やして固めるタイプ」のものを作って下さいね


こちらは、ヒダスキもあります

ノボリとヒダスキ
左:ノボリ 右:ヒダスキ

こちらは、ヒダスキの焼けもございます。土そのものの色に稲わらをまいた跡の「緋色」がアクセントとなっている「ヒダスキ」と、登り窯焼成による深みのある焼け色が特徴の「ノボリ」。ご夫婦やご家族でそれぞれ違う焼けのもので楽しんでみるのも良いですね。ヒダスキはこちらから→

【注意事項】
※重要※
ご購入前に必ずお読みくださいます様お願い致します。


【備前焼の特性につきまして】
釉薬を使わず土そのものを焼き締めるという備前焼の性質上、焼成の際に使用した道具土の跡、ワラ灰の跡、土むら、焼け色の個体差、ワラの焼き付きによる跡、多少のゆがみなどが見られる場合がございます。

左:道具土の跡(焼き付き)
右:ワラの中のガラス質の結晶が溶け残ったもの

これらのものは傷ではありません

土むらの例
土肌拡大

個体差の例:
ノボリの個体差の例
マグカップ(ノボリ)¥3.000+税

ヒダスキの個体差の例
コーヒーカップ(ヒダスキ)¥2.500+税

上記の様な個体差・焼けの違いは備前焼と特徴のひとつとなります為、こうした理由での「当店不手際による返品、交換」はお受けすることができかねますことをご理解いただけますようお願いいたします。
焼け色等のご希望がございましたら、可能な限りお答えさせて頂きますのでご遠慮なく備考欄にお書き添え下さい。(焼成後の状態によってはお答え出来ない場合もございます)

【ふだん使いのコツ】
油分・コーヒーなどの色素が沈着しやすい備前焼はうつわに水をしばらくいれてから使用して頂く事をおすすめしています。特に、焼き魚・揚げ物などはさっと水で流すだけでもにおい残りを防いでくれます。
又、ご使用後は、洗ってしばらく自然乾燥させてからしまう事をおすすめします。水分をしっかりととる事でにおい残り等を防ぐことが出来ます。

左:使用前に水をはる/右:使った後は自然乾燥
ふだん使いのコツ


・ブランド / narutaki
・製造元 / 備前焼 鳴瀧窯(0869-67-3328)
・焼け / ノボリ・ヒダスキ
・サイズ(mm) / 直径65×高さ70 (容量)約150mL
・電子機器 / 食洗機・電子レンジ使用不可
・生産国 / 日本